CSLAB
NEWS

CSLAB使用再開のお知らせ。

10/23からCSLABは学内入構許可を受けた学生におきまして使用が可能となりました。以下のガイドラインに沿って使用してください。 CSLAB 使⽤上のガイドライン ・対象学⽣:学内⼊構許可対象の全学⽣。&nb

USE CSLAB

CSLABって?

CSLAB(学生自主創造センター)は、学生が自ら学ぶ事を捉え直し、実践するための場です。「わがままなまなび」を合い言葉に造形生はもちろん、教職員、学外からの参加者と共に領域を超えて自由な発想で活動し、自分たちの望む教育を

2020 NEWS REPORT

パ/フ/ォ/ー/マ/ン/ス/ナ/イ/ト

「パ/フ/ォ/ー/マ/ン/ス/ナ/イ/ト」はパフォーマンスリレー+ディスカッションのイベント。 パフォーマンス、ダンス、ワークショップ、音楽、映像、おしゃべりなどを含めた、様々なオンライン表現の実験の場です。 ディスカッ

2020 NEWS REPORT

CS-lab radio レイクエラー 毎週金曜日に公開中

CS-lab radio レイクエラー は大澤拓実(絵画専攻三年、放送作家)、赤城ひなた(テキスタイルデザイン専攻二年、広報担当)によるオンラインラジオです。月毎にパーソナリティを替え、毎週ことなるゲストを迎え番組を作っ

2020 REPORT

「七転び八起きで学ぶ映像編集基礎」

「七転び八起きで学ぶ映像編集基礎」 第一回「音声と映像をつなげる。」mosoroの楽曲を使ってトレーラーを作ってみる。 第二回「音声の性質を理解して編集する。」 開催日|2020/7/6(月)17:30-19:00、7/

2020 REPORT

家プリントでZINEを自由に作るための基礎知識講座

「家プリントでZINEを自由に作るための基礎知識講座」 概要:家にあるプリンター、コンビニのプリンターで手軽にzineを作れるようになる事が最終的な目的としています。ソフトを開く前に知っておいたら楽しい、プリンターの特性

2020 REPORT

ジェンダーを考える連続講座|CSLAB X MELLOW:「ジェンダー」のメガネを持ち寄る/人のメガネをかけて見る

開講日|5/28, 6/11,25, 7/9,16 全日程木曜 17:00-19:00 会場|Google classroom(コード: yyo5o5u ) 備考| ・会場については、Googleclassroomにて随

2020 BOOK NEWS REPORT

週刊 たまたま、

毎週月曜日に発行している投稿型のzineです。 参加者はメールで編集部に記事を投稿し一冊のzineに製本します。 ☟画像をクリックすると全ページ閲覧することができます。 週刊 たまたま、#1「たまたま」 ひだかもと、伊東

2019 REPORT

ビデオジャッジ

ビデオジャッジ 企画者:齋藤健一(絵画3年)、中嶋夏希(絵画1年)、栃村竜広(映画映像1年)   ビデオジャッジは、ゲストを招いて「何かに気づくか気づかないかで生まれる差異、そこにある面白さや可能性」をテーマと

2019 REPORT

CSZF設営記録

「CSZF設営の記録」11/26~12/8 展示台の設計には人が乗ることができ、普段のCSLABの人の流れを意識して考えられました。 設営は、設営長の大澤拓実(絵画2年)、副設営長の須田貴哉(室内建築)の2人を中心に設計

2019 REPORT

簡単・単管講習会

「簡単・単管講習会」ゲスト講師:佐塚真啓(国立奥多摩美術館)2019年11月25日 簡単・単管講習会では、講師に佐塚真啓(国立奥多摩美術館)をお呼びして単管パイプの基本的な使い方を指導してもらいました。この講習会では単管

2019 REPORT

水田紗弥子《展覧会を考える:鍵のかかった部屋から林をつくる実践へ》

[ゲスト・レクチャー] 3月18日[水]  14:00-16:00 ※新型コロナウィルスの影響により延期となりました。 ゲスト講師:水田 紗弥子 《展覧会を考える:鍵のかかった部屋から林をつくる実践へ》   「作品をどの

2019 REPORT

Vivian Sui Method

  「Vivian Sui Method」ライブパフォーマンス at CSLAb 2019/12/16 19:00-20:00 【記録LIVE映像】 1分49秒バージョン 40秒バージョン 撮影・編集 : 桑原

2019 REPORT

CSLAB × MELLOW ゼミ「ジェンダーに関する観察と実践」2019年度成果発表展

CSLAB × MELLOW ゼミ「ジェンダーに関する観察と実践」 の受講者有志による成果発表展  インスタレーションビュー (撮影:宮川知宙)   – 学生含む若手作家たちは今回の成果展を通じて、ゼミで展開

2019 REPORT

ゲスト講師:福尾匠「今、美術にとって言葉とはなにか」

[ゲスト・レクチャー] 12/10(火) 18:30-20:00 《今、美術にとって言葉とは何か》 ゲスト:福尾匠   美術をめぐる言葉にはどんな種類のものがあるでしょうか。広報、ステートメント、キャプション、

2019 REPORT

Creative Shower Zine Fair 2019

2019/12/9 – 12/24 東京造形大学の学生、教員、スタッフ86名153冊のzineの展示! 『最近目にする耳にするzineってなんだろう。見せる形は冊子になっていればなんでも良いらしい。 (なんな

2019 REPORT

「CSLAB x MELLOW -ジェンダーに関する観察と実践-」関連イベント

「CSLAB x MELLOW -ジェンダーに関する観察と実践-」関連イベント 9/30(月) 17:20- CSLABにて ジェンダーを扱った展覧会及びそのキュレーションの実践に向けた座談会を行います。 ゲスト: 津賀

2019 REPORT

パフォーマンスナイト vol.12

パフォーマンスナイトvol,12 9/27(金) 17:30~ at CS-LAB 随時出演者も募集中!飛び入り参加も大歓迎! パフォーマンスナイトは一夜完結のライブイベント。パフォーマンス、ダンス、バンド、ワークショッ

2019 REPORT

ビデオジャッジ#1「見られるところから」

ビデオジャッジ#1「見られるところから」 7月25日(木)17:30~20:00 ゲスト:辻村裕子(俳優)、聞き手:齋藤健一(絵画3年)   「ビデオジャッジ」は、斎藤健一(絵画専攻三年)、中嶋夏希(絵画専攻一

2019 REPORT

微・電力音楽祭

  微・電力音楽祭   弾き語りメインのゆるい音楽イベント 7/19(金)17:30〜 ワイワイ広場(cslab横の芝生) アーティスト アヤナ 鈴木晴輝(totomato ketchup boys) moso

2019 REPORT

服服交換

      「服服交換」を開催いたします。 募集期間ではみなさんに服を持ってきてもらいその場では服を交換券に交換いたします。 6/26(水)~28(金) 12:30~13:30 in CSL

2019 REPORT

韓国語講座

  毎週火曜日 17:20スタート   韓国語講座を開催します。誰でも参加OKです。気軽に来てください!    

2019 REPORT

SLIDE vol.1

「SLIDE」|CSLABメンバーによる展覧会 開催日時|2019年5月29日-6月6日 10:00-17:00 *日曜休廊 ZOKEIギャラリーにて – “SLIDE”/ CSLAB

2019 REPORT

CSLAB説明会+OpenMeeting 開催のお知らせ

2019.4.26(金) 17:00~18:00   CSLABを一緒に作るメンバーの募集とラボの機材や場所を使いたい人への説明を行います。 制作や展示のスペースが欲しい人や、学外で活動するアーティスト・パフォ

2018 REPORT

知の漂流教室公開授業:ホンマタカシ| ニュートラルな視線の先

2018.12.5(水)17:00-20:00   CSLABにて 前半はホンマさんの活動や作品についてお話を聞き、後半は質問や感想などを軸に展開します。 履修者以外も参加できます。学外からの参加も可能です。

2018 REPORT

パフォーマンスナイト vol.7

11月27日(火)17:00スタート 今回のパフォーマンスナイトを企画する斎藤健一です。 僕はマンガ家を目指していた時があって、その時一体どんなのを空想していたかと言うと、宇宙の始まりから物語がスタートするような壮大なや

2018 REPORT

SOLID SLIDER:Street

2018.11.15~30 12:00-20:00 日曜休み   東京造形大学内スペースCS-LAB(9号館)にて「SOLID SLIDER:street」という展示を行います CS-LABは「学生が自分たちの

2018 REPORT

PUGMENT WORKSHOP#4

2018.11.6(火)17:00-19:00 CSLABにて   2014年から現代美術とファッションの領域にまたがって活動しているPUGMENTをゲストに招きワークショップを行います。PUGMENTのこれま

2018 REPORT

“見え方”と”見せ方”の照明2-展示照明についてのレクチャーとワークショップ

2018.10.11(木)17:00-20:00 東京造形大学 12号館1階 ZOKEIギャラリーにて 講師:伊藤啓太   美術作品のみならず、全ての可視物が可視物としてあらわれるのはそこに光があるからです。ど

2018 REPORT

Responding: International Performance Art Festival and Meeting 紹介とパフォーマンス・ワークショップ

2018.07.23(月) 17:00-20:00   CSLABにて ゲスト 清水惠美 北山聖子 身体は常に場所にあり、また逆に身体が場を作り出しもします。 9月に行われる「Responding _ Inte

2018 REPORT

パフォーマンスナイト vol.5

2018.05.30 17:00スタート CSLABにて   誰でも参加できます! お問い合わせはzokei.cslab@gmail.com   パフォーマンスナイトvol.5 パフォーマンスナイトv

2018 REPORT

CSLAB説明会

2018.05.29 17:00 スタート 10号館吹き抜けにて CSLABを一緒に作るメンバーの募集とラボの機材や場所を使いたい人への説明を行います。   ポスター制作 オオタニヒカル

2018 REPORT

「止まらないダンスのためのWORKSHOP」講師:山崎広太

日時:2018.04.24 17:00 場所:CSLAB このワークショップは考えることに少しでも時間を費やすことを止め、絶えず忘れようとすることが重要です。何も考えないで僅かなムーブメントのシグナルから自身の身体の風景

2018 REPORT

CSLAB説明会+OpenMeeting

日時:2018.04.18 場所:CSLAB   CSLABのスペースや機材を使いたい人。CSLABの運営メンバーになってもう一つの大学を一緒に作ってみようかなという人。是非参加してください。

2017 PUBLICATION REPORT

(掲載情報)ハフィントンポスト【美術×大学×社会のオルタナティブを探す、「無為」の試み in CSLAB 】

先日開催された「オルタナティブ・オープンキャンパス」についてのAki IWAYAさんが書いたレポートがハフィントンポストに掲載されています。 以下のリンクから記事にとべます。 http://www.huffingtonp

2017 REPORT

美術・デザインの3Dデジタルツール術!-初心者からプロまで使える3Dツール『Fusion360』の魅力と使い方

2017.12.15(金)16:40〜18:10 誰でも参加OK!   3Dデジタルツールを多く手がけるAutodesk社をお招きし、 未来の物作りに関するレクチャーを導入として、初心者からプロまで 使える3D

2017 REPORT

「CSLABにマニラ戦のモニュメントを建立するための」トークイベント “(Exhibition-/-Santiago…)”関連企画

2017.12.2(土)14:00~16:00(予定) 東京造形大学CS-Labにて 予約不要 学外の方も参加いただけます。 ‐‐ ゲスト 奥村憲雄 清原悠 白川昌生  企画 菅谷奈緒 ‐‐ CSLABにて来年3月に開催

2017 REPORT

24/7ISPvol.13「多元を制作する – 現実を捉える方法としての展示/展覧会」講師:田中功起

2017.11.24(金)17:00~ CSLABにて 予約不要 学外の方も参加いただけます。   アーティストの田中功起さん(本学客員教授)をゲストに、今年発表されたミュンスター彫刻プロジェクトでの制作・発表

2017 REPORT

“見え方”と“見せ方”の照明-展示照明についてのレクチャーとワークショップ

2017.10.12(木) 17時から CSLABにて 講師:伊藤 啓太   美術作品のみならず、全ての可視物が可視物としてあらわれるのはそこに光があるからです。どんなに色鮮やかな絵画作品、立派な舞台装置であっ

2017 REPORT

24/7ISPvol.12「写真撮影・編集ワークショップ-別名保存としての作品・展示風景」講師:椎木 静寧

2017.09.26(火)-10.3(火) 両日17:00-20:00 (2日間で1セットのワークショップです。) CSLAにて 講師 椎木 静寧   私たちは制作した作品を写真によって記録します。しかし、ただ

2017 REPORT

「アーティストのサバイバル術‐美術を取り巻く環境がどう変わったか‐」講師:天野太郎

2017.07.18(火)13:20-16:30 作品の値段ってどう決めるの? エディションって何? インスタレーションの売り方、権利関係、委嘱作品の制作費、契約って・・? など、アーティストとして生きていく上での基礎知

2017 REPORT

24/7ISPvol.11「映像撮影・編集ワークショップ」講師:津田道子

2017.07.20(木)-21(金) 両日17:00-20:00 CSLABにて 講師 津田道子 映像作品をつくるときに発生する「撮影」と「編集」から、 映像の技術的な側面が表現とどう関わっているのかを体験するワークシ

2017 REPORT

「アーティストのサバイバル術‐美術を取り巻く環境がどう変わったか‐」講師:天野太郎

2017.07.18(火)13:20-16:30 作品の値段ってどう決めるの? エディションって何? インスタレーションの売り方、権利関係、委嘱作品の制作費、契約って・・? など、アーティストとして生きていく上での基礎知

2017 BOOK REPORT

Nature2: 「ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー〜抑圧と解放の実験室〜」公式公開議事録 電子書籍版

この電子書籍は2016年9月に東京造形大学CSLABが愛知で開催したイベント「ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー」の記録を発刊しました。以下からダウンロードしてお読みいただけます。(無料)   mobi版

2017 REPORT

Play

2017.05.15(月) 10:00-20:00 CSLABにて 企画 出演: 時山 桜、今井 しほか ゲスト及川 菜摘    

REPORT

“(Exhibition-/-Santiago…)”

“(Exhibition-/-Santiago…)”     task   1、       CSLABにサンチアゴ要塞を仮設する(あるいは見立てる) 2、       仮設された(見立てら

2016 REPORT

24/7ISPvol.10「未来」

[24/7ISPvol.10「未来」]  2017/1/10(火)17:00からCSLABにて 今回のゲストは広告とアートの現場で作品づくりに携わっている近藤ヒデノリさん、著作権などの法律や権利の専門家である水野祐さんで

2016 REPORT

24/7 ISP vol.9「ストーリー・テリング:作品の物語化」

2016.12.15(木) 17:00から CSLABにて   作品の根幹にあるものを意識し、それを他人に伝える方法について考えていきます。ポートフォリオやステートメント作りのワークショップを通して、作品たちを

2016 REPORT

「無体ワークショップ-肢体、主体、こうしたい」on知の漂流教室イベント企画実習

2016.12.14(水) 16:40から CSLABにて ゲストにパフォーマー・舞踏家であり、美学校などでカラダについてのワークショップを実施している中西晶大氏を迎え、ワークショップをしてもらう。 誰でも制作にはカラダ

2016 REPORT

「森田浩彰アーティストトーク」知の漂流教室(自主演習A-7)イベント企画実習

2016.12.7(水)16:40スタート 本イベントではBゼミスクーリングシステム、ゴールドスミスカレッジ大学院を修了し、国内外で活動する現代美術家であり、CSLABでは独自の教育プログラムである「24/7ISP」を企

2016 REPORT

ジョイデブ・ロアジャ アーティストトーク

2016.11.29(火)17:00開始 CSLABにて バングラディッシュの山間部の少数民族出身でありパフォーマー/現代美術家として活動するジョイデブロジャア氏をゲストに迎え、氏の視点から現代美術とパフォーマンスアート

2016 REPORT

助手ナイトセッション―番外編:アーティストインレジデンスについて

2016.11.24(木)16:40-19:30 CSLABにて 助手ナイトセッション―番外編:アーティストインレジデンスについて アーティストのキャリアの中で、レジデンスへの参加は一つのポイントとして語られることが多い

2016 REPORT

CSLAB+blanClassゼミ 2016「ものをめぐる物語について」 (講師:小林晴夫/全6回)

2016 11/18(金)25(金) 12/1(木)2(金)8(木)16(金) [CSLAB+blanClassゼミ 2016] 今年も小林晴夫さんをゲストにCSLAB+blanClassゼミを開催します。 テーマは「

2016 REPORT

24/7ISPvol.7「絡まりを可能にする:技のパッチワーク」

2016/11/15(火) 17:00開始 「絡まりを可能にする:技のパッチワーク」   生きている人は、様々なコンテクスト(例えばアルバイト)で様々な技(例えばポスティング)を用いて生きている。これらの技を別

2016 REPORT

24/7 ISPvol.4「社会の接続詞としての映像」

2016.10.3(月)17:00開始 24/7 ISPvol.4「社会の接続詞としての映像」 現代における表現メディアについて映像を通して考えていく3回連続のレクチャー/ワークショップです。 1回目は小泉明郎さんをゲス

2016 REPORT

「映像と見ることとそのまわり」 津田道子 レクチャー

9.21(水) 16:50~ CSLABにて   われわれが普段当たり前のように目にしている様々な映像が映像として見えていること、 その原理にふれる作品を制作しているアーティスト、津田道子さんのレクチャーを開催

2016 REPORT

ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー –抑圧と解放の実験室–

2016年9月18日、CSLABは名古屋のN-markのトランジットビルと長者町周辺でのイベントに参加します。   『ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー –抑圧と解放の実験室–』 日時 2016年9月18

2016 REPORT

カリグラフィースクール

日時 9/15(木) 16:50〜 場所 CSLAB 講師 三浦 優大(グラフィックデザイン専攻4年) 学校、専攻、学年不問 カリグラフィーペンを使った、タイポグラフィー(欧文)のワークショップを開きます。 欧文書体には

2016 REPORT

正義のスタディ

(告知)「正義のスタディ」 7/23(土)鷲尾蓉子さんをゲストに、レクチャーを開催します。 時間は16:40くらいからですが、変更があれば再度掲示します。 ————&#82

2016 REPORT

24/7 ISPvol.3[アーティスト/デザイナーのリサーチ]

24/7 ISPvol.3[アーティスト/デザイナーのリサーチ] 今回はゲストに、デザイナーの岩瀬大地とアーティストの田村友一郎を招き、レクチャーとワークショップを通してクリエイティブな活動に必要なリサーチの方法と意味を

2016 REPORT

助手ナイトセッションvol.1

  普段は忙しくてゆっくりお話しを聞けないけど、気になる存在助手さんが、 「制作と生活」をテーマに専攻を超えてトークセッションをします。 誰でも参加自由です。卒業後の参考に、コーヒーを飲んだりお菓子を持ち寄って

2016 REPORT

「ミリキタニの猫」上映&トーク

このたびCSLABでは「ミリキタニの猫」の上映会を行います。 またマサ・ヨシカワ氏をゲストに迎え、映画についてのトークも開催します。 どなたでも参加可能です。ぜひお越しください。   日時:7月7日 17:00

2016 REPORT

24/7 ISPvol.2[作品/プロジェクトのはじまり]

今回は、アーティストの荒木 悠、ファッションデザイナーの小野 智海をゲストに迎え、作品/プロジェクトの始まりを2人の実践から学んでいきます。 デザイナーやアーティストは、どのように「表現の種」を発見しているのでしょうか。

2016 REPORT

音楽表現におけるextended technique

公開講座「音楽表現におけるextended technique」10/2(木)17:00 開始(学外の方も参加いただけます。無料) ヨーロッパを中心に世界各国のフェスティバルで演奏し、活躍している日仏混成の演奏グループK

2016 REPORT

Openedβ

  【Openedβ】 CSLABの運営に携わっている学生やCSLABに興味を持った学生、卒業生、アーティスト、による展示です。 —————&#821

2016 REPORT

24/7 ISPvol.1[社会の中で制作すること]

CSLABの全10回の学習プログラム「24/7 ISP」vol.1[社会の中で制作すること] 第一回はゲスト講師にアーティストの美しい雪、建築家ユニットのミリメーターを迎え、現代社会の中でのアートやデザインの役割について

2015 REPORT

「この問題は自動的に修復できません。今すぐ環境設定を最適化しますか?」

 今すぐ環境設定を最適化しますか?』 言葉と行為は形を残しません。 弱くて脆く、尊い活動を残すためには人々は共に活動し、 共に語る空間を作り、記憶を共有すると古代ギリシャ人は解決しました。 他人の目の前に自らの正体を現す

2015 REPORT

VIEW from vol.2 内山聡「自身の生活が作品によって規定される」

この度、CSLABでは「VIEW from」というレクチャーシリーズの第2弾を行います。 この企画では、アーティスト、キュレーター、ギャラリスト、美術史家、批評家など、様々な立場から芸術に関わっている方々をゲストとしてお

2015 REPORT

コアミーティング

日時:12月3日(木)午後5~8時 場所:CSLAB ミーティング概要: 社会状況が急速に変化しつつある現在、私たちが直面する問題も絶え間なく更新されています。大学内の既存の領域の中での限定された技術や方法論だけでは、こ

2015 REPORT

会田誠「芸術と政治とかの話をできる限りします…」

日時  12/2 16:40 ~ 場所  東京造形大学 CSLAB 本講義では美術家の会田 誠氏を講師にお招きし、芸術と政治について、先日の都現美での作品撤去要請や森美での展示への抗議など、 氏に直接関わっている事から、

2015 REPORT

「関東×関西vol.2 場面集と地面色の人」西村有未

CSLAB内の展示スペース小山小屋と絵画学生の自主運営ギャラリーmimeにて 関西と関東で制作する学生の交換展示プロジェクト「関東×関西」第二弾がスタートしています。 「 場面集と地面色の人」 西村 有美(アーティスト)

2015 REPORT

創造としての批評

10月21日の知の漂流教室は 星野太さんを講師としてお招きし「創造としての批評」というタイトルでレクチャーをしていただきます。 授業を履修していない方の参加も自由なので、是非ご参加ください。   本講義は、広い

2015 REPORT

MEC Award × 東京造形大学CS-Lab

この度CSLABではMEC Award×CSLABと題して、展示とトークを開催します。   映像表現の新たな可能性に果敢にチャレンジする映像作家やアーティストたちは、 映像の世界を開拓・冒険する Media

2015 REPORT

CSLAB×blanclassゼミ

  blanClassの小林晴夫さんをゲスト講師としてお招きし、ゼミを開講します。 異なる立場と考え方を持った参加者が、それぞれの視点からの認識を言葉にし、 作品未満のものを、解体、試行、共有し、自身の考え方を

2015 REPORT

体で覚える文字のルーツ2

日時 6/5(金) 17:10ー 場所 CSLAB グラフィックデザイン三年生の三浦優大さんによるワークショップです。 当ワークショップでは前回と同様、カリグラフィーペンと言う筆記具を使って実際に文字を書いてもらいます。

2015 REPORT

CSラボ説明会(BLACKMEETing)

4/15に行なわれたCSLAB説明会では具体的なラボの説明と、DJ、VJ、ライブペインティング、料理、コーヒーなど、各々が持ち寄った表現でプレゼンテーションをおこなった。 多くの学生にラボの使い方やコンセプトと雰囲気をつ

2015 REPORT

LABlive

CSLABにてライブを行ないます!! 日時 5月20日 17時30分 タイムテーブルは以下の通りです 17:30〜Shitaraba(60min) 18:30〜Akiko Nakayama(30min) 19:00〜A8

2015 REPORT

VIEW from Vol.1:村山伸彦

  この度、CSLABでは「VIEW from」というレクチャーシリーズを始めます。 この企画では、アーティスト、キュレーター、ギャラリスト、美術史家、批評家など、様々な立場から芸術に関わっている方々をゲストと

2015 REPORT

体で覚える文字のルーツ

日時 5/7 17:10ー 場所 CSLAB グラフィックデザイン三年生の三浦優大さんによるワークショップです。   このワークショップでは、カリグラフィーペンと言う筆記具を使って実際に文字を書いてもらいます。

2015 REPORT

blanclass×CSLAB 小林晴夫ゼミ

blanclass×CSLAB 小林晴夫ゼミ 担当 坂本悠 2014年6月から月1でラボに小林さんをお呼びしてゼミを開講した。 最終的には2015年2月にblanclassで一週間このゼミの発表会として「漂流する生活」

2015 REPORT

Openedβ(LABメンバー展)

主にラボの運営に関わっているメンバーやラボに興味を持っている外部の学生による展示である。 実際の展示の前にタンブラーにそれぞれの作品や、アイディアをアップして、ネット上で仮の展示をしていた。 今回のラボでの展示はこれを実

2014 REPORT

ArduinoSynthesizerWorkshop

※このイベントは「平成25年度 大学間連携共同教育推進事業“つばさ”プロジェクト」の一環として実施しております。   現在多くのクリエイターが使用しているArduinoを用いて、初歩的なプログラミングとマイコン

2014 REPORT

ブレインストーミング:「かたち」と「いろ」の きわ

透明あるいは半透明の物質でない限り、物体を見るとはその表面を見ることを意味する。そして、その表面の性格を語ろうとするとき、よく用いられるのが「かたち」と「いろ」という言葉である。とは言え、「かたち」は彫刻の、「いろ」は絵

2014 REPORT

blanClass×CSLABゼミ補講

  blanClassとCSLABが始めるゼミ(のようなもの) 補講 2015年2月22〜28日期間中1週間、blanClassにて作品発表をする事が決定いたしました!! (今からでも作品発表をしたい、作品の相

2014 REPORT

blanClass×CSLABゼミ

  blanClassとCSLABが始めるゼミ(のようなもの) vol.5 ———————————————— 日程:11月18日(火) 午後5時から 場所:東京造形大学CS-Lab ゲスト:小林晴夫(blanC

2014 REPORT

blanClass×CSLABゼミ

  blanClassとCSLABが始めるゼミ(のようなもの)  第4回   ———————————————— 第4回日程 10月28日(火曜日) 17:00~ 場所:東京造形大学CS-Lab ゲスト

2014 REPORT

特別講座:プレゼンテーションとフォーラム「脱領域のアクションとしてのデザイン:ローズマライン・パラントの場合(仮題)」Trans-territory of Design //a case of Roosmarijn Pallandt( tentative title )//

特別講座 プレゼンテーションとフォーラム 脱領域のアクションとしてのデザイン ローズマライン・パラントの場合 (仮題) 開講日  2014年10月3日(金)時 間  17:30ー20:30(終了予定) 会  場  東京造

2014 REPORT

blanClass×CSLABゼミ 第3回

blanClassとCSLABが始めるゼミ(のようなもの)  第3回 ※6月、7月、9月、10月、11月の全5回ほどを予定   ———————————————— 第三回日程 9月23日(火曜日) 17:00~

2014 REPORT

音楽表現におけるextended technique

公開講座「音楽表現におけるextended technique」 10/2(木)17:00 開始(学外の方も参加いただけます。無料)   ヨーロッパを中心に世界各国のフェスティバルで演奏し、活躍している日仏混成

2014 REPORT

blanClass×CSLABゼミ

blanClassとCSLABが始めるゼミ(のようなもの) ※6月、7月、9月、10月、11月の全5回ほどを予定   ——————&#82

2014 REPORT

CSLAB説明会

CSLAB説明会やります!! 日程:4月15日22日 時間:各日17:00~ 場所:東京造形大学CS-Lab   横トリ、六本木クロッシング、東京都写真美術館にも乗り込んだCS-Lab!! 今年も勢いにのって行

2013 REPORT

組立-転回

  展示 会場:東京造形大学 CS-lab 会期:2014 年3月 3 日~15 日(日曜休) 時間:10:00~18:30   対話企画 自己教育としての美術 なぜ作家が企画を立てるのか? 上田和彦

2013 REPORT

ARuFaの日記を考える

人気ブロガーのARuFaさんをお招きし、その人気の秘訣や生い立ちについてユーモアを交えながらお話していただきます。 また、グループワークでブログ記事のネタを考えるワークショップを行い、発想力を鍛えます。 アイデア発想のヒ

2013 REPORT

CALAB EXHIBITION Vol.3「浮き輪」

夏期に行った展示、泉太郎 CSLAB EXHIBITION Vol.2 「貝塚と生活」の関連企画として、11月14日から16日までの三日間、泉太郎氏のスクリーニング、CALAB EXHIBITION Vol.3「浮き輪」

2013 PUBLICATION REPORT

【News】森美術館「六本木クロッシング2013 アウト・オブ・ダウト展」全国のディスカーシブ・プラットホーム に掲載されました

現在、森美術館開催中の「六本木クロッシング2013 アウト・オブ・ダウト展」関連プログラム 全国のディスカーシブ・プラットホーム に「活動の動機や目的に共感した、他にはない魅力ある活動を展開するグループ29件」として選出

2013 REPORT

【死者・写真・生者~メキシコ・死児写真から考える】Workshop & Lecture &Exbition

////Exbition//// 【死者・写真・生者~メキシコ・死児写真から考える】 期間:2013.10.23-10.30(土・日曜休廊) 時間:11:00-18:00 場所:東京造形大学CS-Lab内ギャラリー &n

2013 REPORT

STUDY:vol.2「人体はどこで切るのか」大橋博,保井智貴,藤井匡

  東京造形大学CS-LABで、学生主催のトークイベントとして彫刻に関するディスカッションを開催します。 今回は、「人体はどこで切るのか」をテーマに三人のスピーカーが各々の考えを語り、さらに参加者を交えた意見交

2013 REPORT

STUDY:Vol.1 ベルリンからこんにちは 鬼頭健吾×竹村京

海外での活動経験豊富なお二人をお呼びして学生時代の作品画像を参照しつつ当時の作品についてのエピソードや、現在の作品に至るまでの展開経緯、そして大学卒業後の活動として、ギャラリーに所属することや海外で活動する事など、国際的

2013 REPORT

Ideas on the Move: Simulation Room #2

  //////////Ideas on the Move: Simulation Room #2//////////   実現していないアイデアや整理できていないアイデアについて、議論したり、紹介し

2013 REPORT

芸術係数@CSLAB「オルターモダンとグローバリゼーション後のアート」

芸術係数@CS-Lab:「オルターモダンとグローバリゼーション後のアート」 日時:2013年6月20日 17:00- 講師:辻憲行(芸術係数) 会場:CS-lab(東京造形大学内) アクセス:http://www.zok

2013 REPORT

MAMUSKA Tokyo@CSLAB

http://dance-media.com/mamuska/tokyo16.html マムシュカ、原点に戻ります! 実験段階、アイディアレベル大歓迎。やってみたいからやってみた的なものを、やってみる。 クオリティー?完

2013 REPORT

姿の無い人工生命×人間のセッション 「形と暴力が私をパレードする」プレ・レクチャー

  姿の無い人工生命×人間のセッション 「形と暴力が私をパレードする」プレ・レクチャー   『即興とルール彡 美術と音楽と舞台(仮)』   進行:河村美雪 ゲスト:大谷能生   o

2013 REPORT

THE TEST

CSLABメンバーによるほぼ全員展!!!!!! 映画、絵画、デザイン、インタラクティブアート、インスタレーションなど幅広い作品がCS-Labに展開します!!!!! 普段のCS-Labの運営も続行!!!!学生の生活空間と展

2012 REPORT

Always moving 「青山悟と秋吉風人の場合」

    3月15日(金) 16:00~ 桑沢デザイン研究所7Fサテライト教室   今回は、ゴールドスミスカレッジのテキスタイル学科を卒業、シカゴ美術館附属美術大学修了後、ロンドンでの活動を経

2012 REPORT

『Provisional School 暫定学校』 「思案:500から、1から、0から考える」「発案:500のアイデア出し」

  Provisional School 暫定学校   もうひとつの学校プランをつくります。 そのためともなるような「思案」(1日目)と「発案」(2日目)をおこないます。   既存の大学のよ

2012 REPORT

奥村雄樹<ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー>上映会+囲む会@東京造形大学 CS-Lab

ゲスト 奥村雄樹(アーティスト)   進行 森田浩彰(アーティスト、東京造形大学絵画専攻広域表現コース非常勤講師) 末永史尚(画家、同概念コース非常勤講師) 日時 11月20日(火)16:40-18:10 場所

2012 REPORT

田中功起.ワークショップ「Meetings within Meetings 打ち合わせ – キュレーションと教育と未来」

2012年11月6日(火) 17:00~21:00 [A/17:00~18:10    B/18:20~19:20   C/19:30~21:00] 途中入退場 可 内容: アーティストの重要な活動としての「打ち合わせ」

2012 REPORT

田口和奈・岩永忠すけアーティストトーク

この度、東京造形大学にて田口和奈氏・岩永忠すけ氏をお招きしアーティストトークを開催致します。 お二方は、ともに2008年東京芸術大学大学院美術研究科博士課程を修了、博士号取得。 その後も、各方面で精力的にご活動ご活躍され

2012 REPORT

知の漂流教室第2回「食べるを分解するⅠ」

    知の漂流教室第2回目は「食べるを分解する」と題して、フードデザイナーの中山晴奈さんをお招きして「食」をメディアとしてとらえながら、参加者それぞれの感覚や生活世界、社会との関係性をワークショップ

2012 REPORT

知の漂流教室第1回「イニシエーション」

9月12日CSLAB企画し学生自身が運営する授業「自主演習A1-知の漂流教室-」スタートしました。 これまでのCSLABの企画と異なるのは、所謂「授業」として履修者には単位が出るところです。 これは世界の中でも珍しい大学

2012 REPORT

DMJ国際ダンス映画祭|ダンスと映画 友の会4

東京造形大学を中心に、監督と振付家の出会いをワークショップ形式で進行させるプロジェクト。実際にビデオダンスを製作していきます。完成したビデオダンス作品は、さいたま芸術劇場で開催される「DMJ国際ダンス映画祭」にて上映され

2012 REPORT

LabLive vol.3

毎月第三水曜日に開催中のLabLive第三回目!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 今回は特殊セットでLiveします。 日程 7月18日水曜日 start:17:00~ 出演 VJ:Ryo Oguchi Liv

2012 REPORT

映画「扉のむこう」上映+ローレンス・スラッシュ監督のトーク

複雑な社会のテーマを扱って、世界的に注目されている若手のローレンス・スラッシュ監督を迎えます。 彼が日本での制作した「扉のむこう」の上映し、映画制作について語っていただきます。 映画「扉のむこう」上映+ローレンス・スラッ

2012 REPORT

LabLive Vol.2

前回好評だったLabLive第二弾!!! 今回はゲストも参加!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2012 REPORT

光のフィードバック公開実験

「光のフィードバック公開実験」 河村美雪(アーティスト)+中山奈美(照明家) 見学可、出入り自由 ●場所:大学院棟12号館2Fレクチャールーム ●日時:6月16日 12:00~ ●趣旨、目的 これはワークショップではない

2012 REPORT

生命ポリフォニー

CSLABプレ授業第三弾!!! 「凝り」から、身体のあり方の謎を解いていくワークショップ。京都のアーティストの 池上恵一さんと真下武久さんのユニットによる全国で話題のワークショップ+パフォー マンス 生命ポリフォニー A

2012 REPORT

DMJ国際ダンス映画祭|ダンスと映画 友の会2

東京造形大学を中心に、監督と振付家の出会いをワークショップ形式で進行させるプロジェクト。実際にビデオダンスを製作していきます。完成したビデオダンス作品は、さいたま芸術劇場で開催される「DMJ国際ダンス映画祭」にて上映され

2012 REPORT

LabLive

  5月16日水曜日17:00~@CSLAB 第一回LabLive 出演 ・drowsiness ・katsuki nogami ・sota ikeda ・takayuki miyatake ・yu sakam

2012 REPORT

DMJ国際ダンス映画祭|ダンスと映画 友の会

東京造形大学を中心に、監督と振付家の出会いをワークショップ形式で進行させるプロジェクト。実際にビデオダンスを製作していきます。完成したビデオダンス作品は、さいたま芸術劇場で開催される「DMJ国際ダンス映画祭」にて上映され

2012 REPORT

Theater Night@大さん橋

横浜大さん橋での初の企画!! 4月18日19日ともに18時から 大さん橋 CIQプラザにて造形のアニメーション学科作品選集を二日に渡り上映します!!   横浜港大さん橋国際客船ターミナルHP 会場までのアクセス

2011 REPORT

Composition Machine No.4 Wandelende Tak

2012年最初のイベントは Lars Kyndeさん Nikolaj Kyndeさん Toshie Takeuchiさん による音楽パフォーマンスでした! 11日は公開セッティングを行い 12日にパフォーマンスでした。

2011 REPORT

DANZE Christmas Party!!

DANZEによるクリスマスパーティ!! 恒例のDANZEの踊るクリスマスパーティ!! 楽しい夜をすごしてください!! Open 16:30 start  17:20 @CS-Lab  

2011 REPORT

みみをすます ー 福島からの声 小河原律花さんに聞く

●タイトル:みみをすます ー 福島からの声 小河原律花さんに聞く ●カテゴリー:トークショー ●主催:編集デザイン/下中菜穂 ●共催:広告論/大竹誠 ●関連企画:プロジェクト二本松/杉内美由記 ●日時 :11月25日(金

2011 REPORT

メキシコの伝統文化と現代美術のおしゃべりナイト

●タイトル:メキシコの伝統文化と現代美術のおしゃべりナイト ●カテゴリー:トークショー ●運営協力:CS-Lab ●企画者 :NPO法人手をつなぐメキシコと日本、粟野ミラクルゼミ ●日時 :11月17日(木)開演17:0

2011 REPORT

「郊外」と「わたし」の居場所 -「ニュー・ドキュメンタリー」から考える-

  ●タイトル:「郊外」と「わたし」の居場所 -「ニュー・ドキュメンタリー」から考える今日の制作とその環境- ●カテゴリー:トークショー ●主催:諏訪 敦彦ゼミナール、CS-Lab ●企画者 :諏訪 敦彦ゼミナ

2011 REPORT

Out of Frameーパニック映画の現実ー

  ●カテゴリー:トークショー、パフォーマンス ●主催:BankART1929、Explosions ●企画者 :CS-Lab、♯160 ●特別協力:宇徳ビルヨンカイ ●日時 :10月29日(土)開演17:30

2011 REPORT

UTOPIArt

●カテゴリー:ライブミュージカルムビー ●企画者:室内建築3年 谷口由人 ●日時・・・CS祭2日目、22日土曜日14時~16時の1公演のみ(実質公演時間は約1時間半の予定) ●場所・・・CS-Lab   &nb

2011 REPORT

CS-Lab定例会議

●カテゴリー:説明会、ミーティング ●企画者 :CS-Lab ●日時 :10月5日(水)17:00~ /途中参加可能 ●場所 CS-Lab ●内容 CS-Lab研究員による定例会議。見学可能です。

2011 REPORT

CS-Labに管理人さんが入りました!

9月26日よりCS-Labに常任職員に坂本悠が配属されました。坂本は昨年の本学在学中より活動に参加し、この度「ラボの中の人」として活躍します!企画申請、機材貸し出し、その他諸々のラボの窓口としてラボに御用の際は坂本を訪ね

2011 REPORT

映画領域 映像表現Ⅲ 演習制作と発表

●カテゴリー:公開講義 ●企画者 :飯名尚人(非常勤講師) ●日時 :7月14日(木)13:20~16:30、7月21日(木)13:20~16:30 ●場所 CS-Lab ●内容 木曜3、4限の映像表現Ⅲで「映像を使った

2011 REPORT

19BOX

●カテゴリー:ダンスイベント ●企画者 :DANZE ●日時 :2011年6月28日(火) OPEN16:30 / START17:10 (1時間弱の公演予定) ●場所 CS-Lab ●内容 他大学の学生も含め、東京造形

2011 REPORT

国際ダンス映画祭 学生監督クリエイション 勉強会

●カテゴリー:勉強会 ●企画者:飯名尚人(非常勤講師) ●日時:6月16日 17:30~ ●場所:CS-Lab ●内容 東京造形大学を中心に、監督と振付家の出会いをワークショップ形式で進行させるプロジェクト。 実際にビデ

2011 REPORT

夜の節電トークショー

●カテゴリー:トークショー ●企画者:eizokei ●日時:6月9日 17:00~ 入場無料/出入り自由 ●場所:CS-Lab ●内容 このたび、東日本を中心とした大震災で被害に遭われた方、ならびにご家族関係者の皆さま

2011 REPORT

CS-Lab説明会&定例会議

●カテゴリー:説明会、ミーティング ●企画者 :CS-Lab ●日時 :5月30日(月)17:00~ /途中参加可能 ●場所 CS-Lab ●内容 CS-Labっていったい何?あの中では何が行われているの?そんな疑問にC

2011 REPORT

エーテルスイミングスクール第三回 「音の海を泳ぐ」

●カテゴリー:ワークショップ ●企画者:ペンと点 ●日時:4/16 ●場所:東京造形大学大学院棟2Fレクチャールーム ●内容 エーテルスイミングスクール第3回目を迎える今回の「音の海を泳ぐ」では、大海悠太氏(東京工芸大学

2010 REPORT

エーテルスイミングスクール第二回「サウンドファイルの構造と記憶のつくりかた」

●カテゴリー:レクチャー ●企画者:ペンと点 ●日時:3/26 ●場所:東京大学駒場キャンパス 16号館 107教室 ●内容 エーテルスイミングスクール第二回はペンと点が東京大学にて科学者である池上高志さんをゲストに迎え

2010 REPORT

エーテルスイミングスクール第一回『言葉が告げる「私」という水域』

●カテゴリー:ワークショップ ●企画者:ペンと点 ●日時:3/5(土)14:00-17:30 ●場所:@ CSプラザ(東京造形大学) ●内容 『言葉が告げる「私」という水域』 テーマ:言葉と「私」のインタラクションを楽し