CSLAB
2017 PUBLICATION REPORT

(掲載情報)ハフィントンポスト【美術×大学×社会のオルタナティブを探す、「無為」の試み in CSLAB 】

先日開催された「オルタナティブ・オープンキャンパス」についてのAki IWAYAさんが書いたレポートがハフィントンポストに掲載されています。 以下のリンクから記事にとべます。 http://www.huffingtonp

2017 REPORT

美術・デザインの3Dデジタルツール術!-初心者からプロまで使える3Dツール『Fusion360』の魅力と使い方

2017.12.15(金)16:40〜18:10 誰でも参加OK!   3Dデジタルツールを多く手がけるAutodesk社をお招きし、 未来の物作りに関するレクチャーを導入として、初心者からプロまで 使える3D

2017 REPORT

「CSLABにマニラ戦のモニュメントを建立するための」トークイベント “(Exhibition-/-Santiago…)”関連企画

2017.12.2(土)14:00~16:00(予定) 東京造形大学CS-Labにて 予約不要 学外の方も参加いただけます。 ‐‐ ゲスト 奥村憲雄 清原悠 白川昌生  企画 菅谷奈緒 ‐‐ CSLABにて来年3月に開催

2017 REPORT

24/7ISPvol.13「多元を制作する – 現実を捉える方法としての展示/展覧会」講師:田中功起

2017.11.24(金)17:00~ CSLABにて 予約不要 学外の方も参加いただけます。   アーティストの田中功起さん(本学客員教授)をゲストに、今年発表されたミュンスター彫刻プロジェクトでの制作・発表

2017 REPORT

“見え方”と“見せ方”の照明-展示照明についてのレクチャーとワークショップ

2017.10.12(木) 17時から CSLABにて 講師:伊藤 啓太   美術作品のみならず、全ての可視物が可視物としてあらわれるのはそこに光があるからです。どんなに色鮮やかな絵画作品、立派な舞台装置であっ

2017 REPORT

24/7ISPvol.12「写真撮影・編集ワークショップ-別名保存としての作品・展示風景」講師:椎木 静寧

2017.09.26(火)-10.3(火) 両日17:00-20:00 (2日間で1セットのワークショップです。) CSLAにて 講師 椎木 静寧   私たちは制作した作品を写真によって記録します。しかし、ただ

2017 REPORT

「アーティストのサバイバル術‐美術を取り巻く環境がどう変わったか‐」講師:天野太郎

2017.07.18(火)13:20-16:30 作品の値段ってどう決めるの? エディションって何? インスタレーションの売り方、権利関係、委嘱作品の制作費、契約って・・? など、アーティストとして生きていく上での基礎知

2017 REPORT

24/7ISPvol.11「映像撮影・編集ワークショップ」講師:津田道子

2017.07.20(木)-21(金) 両日17:00-20:00 CSLABにて 講師 津田道子 映像作品をつくるときに発生する「撮影」と「編集」から、 映像の技術的な側面が表現とどう関わっているのかを体験するワークシ

2017 REPORT

「アーティストのサバイバル術‐美術を取り巻く環境がどう変わったか‐」講師:天野太郎

2017.07.18(火)13:20-16:30 作品の値段ってどう決めるの? エディションって何? インスタレーションの売り方、権利関係、委嘱作品の制作費、契約って・・? など、アーティストとして生きていく上での基礎知

2017 BOOK REPORT

Nature2: 「ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー〜抑圧と解放の実験室〜」公式公開議事録 電子書籍版

この電子書籍は2016年9月に東京造形大学CSLABが愛知で開催したイベント「ユーリー・ミラー・ファジー・ファンタジー」の記録を発刊しました。以下からダウンロードしてお読みいただけます。(無料)   mobi版

2017 REPORT

Play

2017.05.15(月) 10:00-20:00 CSLABにて 企画 出演: 時山 桜、今井 しほか ゲスト及川 菜摘