CSLAB
2013 REPORT

筒井宏樹×組立《オルタナティブ・アート・セオリーに向けて》

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

展示、出版、シンポジウムから教育まで、美術の全ジャンルで活性化するオルタナティブな「場」の

可能性と問題を具体的事例に即して考える。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

日時/2014.3.29 19:00-21:00

場所/桑沢デザイン研究所7Fサテライト教室

入場無料、学生以外の方も歓迎いたします。

 

 

ゲスト:筒井宏樹、組立-転回(永瀬恭一、上田和彦)、中山雄一朗

 

筒井宏樹 (つつい・ひろき)

編集・展覧会企画。「Review House」編集員、「REAR」編集員など独立系雑誌の編集者を経て、現在、鳥取大学講師。編著=『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2013)。共著=『現代アートの本当の学び方』(フィルムアート社、2014)。携わった展覧会=「であ、しゅとぅるむ」(名古屋市民ギャラリー矢田、2013)、「イコノフォビア」(愛知県美術館ギャラリー、2011)ほか。

 

 

 

 

交通案内(桑澤デザイン研究所サイトにとびます)

http://www.kds.ac.jp/smenu/access.html

 

 

 

主催//東京造形大学CS-Lab

共催//企画 組立

協力//FDネットワークつばさプロジェクト

 

※このイベントは「平成25年度 大学間連携共同教育推進事業“つばさ”プロジェクト」の一環として実施しております。