CSLAB
2011 REPORT

夜の節電トークショー

●カテゴリー:トークショー
●企画者:eizokei
●日時:6月9日 17:00~ 入場無料/出入り自由
●場所:CS-Lab
●内容
このたび、東日本を中心とした大震災で被害に遭われた方、ならびにご家族関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。eizokei制作チームは昨年12月にインタビュー取材をさせていただいた、本学卒業生の映画監督であり俳優の鈴木卓爾さんをお呼びして、インタビューで伺った「監督」としての鈴木卓爾さんではなく「俳優」としての鈴木卓爾さんについて、再びインタビューさせていただくトークショーの場を企画いたしました。また、今回は東京電力管内の電力不足へ配慮し、マイクや照明をできる限り使用しない「節電トークショー」となっております。ぜひみなさん近寄ってご聴講ください。
●URL
http://www.zokei.ac.jp/eizokei/setsuden/
●ゲストプロフィール

鈴木卓爾(すずきたくじ)

静岡県磐田市出身の脚本家・俳優・映画監督。1988年の東京造形大学在学中に8ミリ長編『にじ』にてぴあフィルムフェスティバル(PFF)で審査員特別賞を受賞。矢口史靖の16ミリ長編『裸足のピクニック』に共同脚本・監督補として参加し、矢口史靖と共同で『ワンピース』『パルコ フィクション』を監督。斎藤久志監督のVシネマ「夏の思い出〜異常快楽殺人者」に役者として参加、同作品を見た市川準監督によって映画『トキワ荘の青春』の藤子不二雄A役に抜擢され、それ以後は俳優としても幅広く活動。近年の主な監督作品に『ゲゲゲの女房』『私は猫ストーカー』、WEB上で観ることができる出演作品として横浜聡子監督の『真夜中からとびうつれ』や、諏訪敦彦監督最新作の短編『黒髪』など。

 

主催:東京造形大学動画サイト eizokei
協力:CS-Lab