CSLAB
2013 REPORT

ガリシア+東京 アートプロジェクト Galicia + Tokio Proxecto Arte “PERCEPCIÓN – Directa e Indirectamente”


 

ガリシア+東京 アートプロジェクト Galicia + Tokio Proxecto Arte “PERCEPCIÓN – Directa e Indirectamente”

/////////////////////////////////////

2014.04.18 (FRI)17:00~19:00

・場所:東京造形大学CS-Lab

・入場無料

・学外からのご参加歓迎いたします。

/////////////////////////////////////

 

パフォーマンス

・17:00-17:30

 

「コーポ–リアリティ」/2012年 受賞作品 (アストゥリアス自治州政府)

先端技術とファッションを融合させ視覚の差と現実の違和感を表現します。

 

 

 

アーティストトーク

・18:00-19:00

 

「ガリシアの文化とアート」

出演:マリア-カステリャノス-ヴィセンテ/ヌリア-ヴィラ-ヴィセンテ/佐竹宏樹/西川肇一

ガリシア及びスペインのアートシーンや文化、また作品の展開経緯などを紹介します。

 

プロフィール

・マリア:スペイン・ヴィゴ大学芸術学部博士課程に在籍。多くの受賞と発表歴がある。皮膚とテキスタイルの関係、知覚、技術的ツールで塞いだ感覚を表現している。

・ヌリア:2009年マドリード・コンプルテンセ大学芸術学部大学院を修了。ガリシアで展覧会を数多く企画。世界の街をトリミングし版に置き換え、デジタルと伝統技術を併用し版表現を展開している。

・佐竹宏樹:絵画専攻領域特任准教授、美術家

・西川肇一:1990年美術学科卒業・美術家

 

 

 

/////////////////////////

 

 

日本スペイン交流400周年事業
後援:スペイン大使館 セルバンテス文化センター東京 公益財団法人 日本スペイン協会

助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団

協力:CSLAB (学生自主創造センター)