“見え方”と“見せ方”の照明-展示照明についてのレクチャーとワークショップ

>> 17/09/22 2:44 PM up

2017.10.12(木) 17時から CSLABにて

講師:伊藤 啓太

 

美術作品のみならず、全ての可視物が可視物としてあらわれるのはそこに光があるからです。どんなに色鮮やかな絵画作品、立派な舞台装置であっても、光の条件がととのっていないと美しくは見えてこないのです。本ワークショップでは、舞台・展示照明家の伊藤啓太氏を講師に迎え、様々な照明器具を用いて作品に光を当てるワークショップを行います。 展覧会での作品への照明の当て方の実演と、光の扱いによって物事の見え方がどう変わるかについて学びます。

 

伊藤啓太プロフィール

1983年栃木県生まれ。2007年多摩美術大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。ゲーム開発者。舞台・展示照明家。批評論、鑑賞経験論

共同企画:末永 史尚(アーティスト/東京造形大学絵画専攻非常勤講師)