CSLAB
text_houmotsu

txt_houmotsu_shotaroSHIRAI

油塗れの器

宝ではあるけれど、価値の無いもの。
学んでいたアトリエで先生から先輩、後輩に受け継がれていた溶き皿。
閉じられた今では、私の手元に留まっている。
少なくとも35年は経過している為に何度か割れたりしているのだが、蓄積した油のせいか圧着すると繋がるので今でも愛用している。
元は数百円の皿ではあるが、蓄積したマチエールにより不思議な魅力を感じています。

絵画 二年
白井 祥太郎