CSLAB
2021 exhibition REPORT seminar

ジェンダーを考えるオープンゼミ『ラボメロ』有志成果展

CSLAB企画 ジェンダーを考えるオープンゼミ『ラボメロ』有志成果展のお知らせ

会期:12/13(月)- 12/24(金)am11:00 – pm7:00 ※土日休廊

場所:CSLAB内 gallerySLIDE

イベント(参加無料):
・羽吹夏好/「つぶやかなくていいこと」ジェンダーについてのオープンディスカッション 12/15(水)pm5:00-
・作品についてのオープンディスカッション 12/22 (水)pm5:00-

————————————————————————————————————————————
ラボメロジェンダーゼミでは、2021年度前後期を通してそれぞれが日頃感じている「ジェンダー」に関する問題への向き合い方についての議論を重ねてきました。
本展覧会は有志成果展として、それぞれの検討を多様なあり様で提示します。一つの考え方に向かって対立あるいは止揚させることで回収しようとせずに、わからないことに付き合い向き合っていく姿勢は、ジェンダーを学ぶ重要な態度だとゼミを通して確認できた、ラボメロジェンダーゼミの成果であると言えるでしょう。(うらあやか・ CSLAB)

今年のラボメロの副題でもある「観察⇄応答⇄実践」は循環の構図をとっています。
どれかを着地点とするのではなくそれぞれを何度も考えるために、「これまでにした話を振り返って、また話す」時間が多くありました。
共感出来る話はどんどん加速していく一方で、自分と接点を持ちにくく難航した話は、何度か話すことによって糸口が見えてきたり。
特に「会ったことのない、親しくなれるかもわからない、けれどきっと近くにいる誰か」の切実な事情について、仮想の傾向と対策を考えるのではなく、ただ想像したり調べながら話をする時間に繋がっていったことは、今年のハイライトだったように思います。(都賀めぐみ・MELLOW)
————————————————————————————————————————————